スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国語の発音方法

中国語の発音は難しい、と思っている人は多いのではないでしょうか?
英語は学校の授業で習ったり、ハリウッド映画や洋楽などで普段から耳にする機会も多く、英語の読み書きができないにしてもある意味慣れていますよね。

でも普段の生活の中で、英語に比べて中国語を耳にする事は格段に少ないと思います。

ですから、中国語の発音は多くの日本人には、英語の発音以上に抵抗があり難しく感じられるのかもしれません。
また中国語発音は、日本語を喋る時には使わない舌の動きが必要なのです。

でも中国語の発音が完璧ではなくても、何となく相手に通じることもありますから、とにかく臆することなくチャレンジする事がとても大切です。

中国語を発音する時に、日本人にとって難しいとされている事は下記の2つです。
①「有気音」と「無気音」の違い
②いくつかの母音、そり舌音、声調(アクセント)の第二声と第三声

鼻音の「n、ng」の区別と発音にも注意しましょう。
特に、そり舌音がなかなかマスターできない人も多いです。中国語を発音するには、そり舌音が上手に発音できないと、まったく別の単語になってしまうので、中国語発音には、そり舌音のマスターは必須なのです。

そり舌音の発音の方法は四通りあって、摩擦音の「sh、r」と破擦音の「zh、ch」です。
そり舌音が自然に発音出来るまで、舌の形を覚えるしか方法はありません。自分がそり舌音を性格に発音できているか録音して客観的に聞いてみましょう。

声調(アクセント)の第二声と第三声も、日本人には発音しにくいといわれています。
第三声は低い発音で、第二声は上がり調子の発音です。日本人にとっては特に第二声が発音しずらいので繰り返し練習が必要です。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 発音 勉強方法 中国語 会話

中国語単語の覚え方とは

中国語の勉強で単語を覚えるコツをご存知でしょうか?
日常会話にも使えるような、実践的な中国語単語の勉強方法をご紹介しますので、ぜひお役立て下さい。

早速ですが中国語単語の実践的な覚え方として、単語を個別に覚えるのではなく、例文ごと全部覚えるのがお勧めの勉強方法です。

たとえ中国語単語を単語だけ暗記しても、実際に会話や文章を書けなければ単語を覚えた意味がありませんよね。

例文を丸暗記するには、中国語の参考テキストの中で理解できない単語が出てきたら、面倒くさがらずに辞書・単語帳等で意味を調べましょう。そして参考テキストの例文に「分からない単語がない」ってぐらいに何度も読み返します。例文が丸暗記できたら次のテキストに進みます。

とにかく焦らず確実にコツコツと覚えていきましょう。

そして、できるだけCDやDVDなど音声が覚えられる中国語教材で勉強することをお勧めします。
中国語を覚えるときに正しい発音もいっしょに勉強するのが理想的ですし、音読で暗記すると完璧です。

モチベーションを維持する為に、中国語の勉強サークルに参加してみたり、自分の興味があることについて記述がある教材を使用すると、勉強にも楽しさがでてくるかもしれません。

好きなドラマや映画のワンシーンのセリフを丸暗記するのも楽しいでしょうし、覚えた中国語も忘れにくいものです。レッドクリフの諸葛孔明のあのシーンのあのセリフなどなど・・・。

中国語の勉強にも楽しさが加わると中国語学習も長続きするのではないでしょうか。

ぜひ皆さんも自分なりの勉強方法を探してみて下さいね。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 中国語 勉強方法 単語

中国語の効果的学習方法

中国語の学習方法でお勧めなのが、NHKで放送されているTVやラジオの中国語講座です。
中国語講座で使う参考書も安価ですし、番組内容も初心者に分かりやすいので、NHKの中国語講座はお勧めですよ。

中国語の勉強に限らず、語学の学習で大切なことは、意味が分からずともまずは耳から慣れていくことが大切です。

日常生活で中国語を耳にする機会はなかなか無いので、中国のアーティストの音楽を聞いてみたり、映画やドラマを観るのもいいですよね。
家事をしながら聞いてみたり、通勤通学途中で聞くなど中国語を勉強する時間が時間が無い人には特にオススメです。

とにかく、時間が許す限り中国語を繰り返し聴いて耳になじませて、少しずつどういう意味なのか理解できるようにしていきましょう。

また日本のマンガや小説が中国語に翻訳された書籍を本屋さんで探すと結構売ってますので、そういう本を買って楽しみながら中国語を勉強するのもいいと思います。
勉強のなかにも楽しさが加わるとモチベーションアップにも繋がりますよ。

他にも任天堂DSにも中国語勉強用のゲームがありますので、興味がある人は探してみて下さい。

そして中国語の発音練習をする時は、しっかり大きな声で恥ずかしがらずに発音してみましょう。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 中国語 勉強方法

中国語と漢字

中国語は、普段から漢字を使う日本人にとっては、とても親しみやすいですが、逆に誤解している事も多いのです。
中国語としての漢字には、日本語と同じ意味で使用している漢字も多いですが、中にはまったくの逆の意味で使われていたり、予想もしない言葉の意味で使われている漢字もあります。

一例を出すと、日本語の「娘」が中国語では「お母さん」ですし、「老婆」が中国語では「お母さん」という意味になります。
「老婆」が「お母さん」というのは、日本人にとっては何だか抵抗がありますよね。

全く逆の意味をもつ漢字としては、日本語の「裁判」は中国語では「審判」となり、日本語の「審判」は中国語では「裁判」という意味になります。

その他には、「手紙」という漢字は中国では「トイレットペーパー」という意味になります。

日本人の常識で中国語を判断すると思わぬ恥をかきそうな言葉もあるので注意しましょうね。

ただし、日本人なら中国語の漢字をみるだけで意味が分かる言葉が、だいたい6割ぐらいあるそうなんです。

では「電脳」は中国語でどういう意味でしょうか?



答えは・・・「コンピューター」です。とっても分かりやすいでしょ?

ですから英語や韓国語などを勉強するよりかは、すんなり頭に入るかもしれませんね~。


また中国語では漢字の発音で意味が違ってきます。日本語では訓読み・音読みでも漢字の意味自体はそれ程変わりませんよね。
漢字を使い慣れている日本人は、先入観で漢字の意味を捉えてしまうので、逆に気をつける必要があるかもしれません。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 中国語

最新記事
カテゴリ
リンク集
ユーザータグ

中国語 勉強方法 中国語教室 中国旅行 発音 会話 挨拶 単語 マナー 中国語ピンイン 文法 ビザ パスポート 注意点 教育のやり方 講師 準備 参考書 電子辞書 

RSSリンクの表示
リンク
RANKING
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログへ

  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。