スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国語の発音方法

中国語の発音は難しい、と思っている人は多いのではないでしょうか?
英語は学校の授業で習ったり、ハリウッド映画や洋楽などで普段から耳にする機会も多く、英語の読み書きができないにしてもある意味慣れていますよね。

でも普段の生活の中で、英語に比べて中国語を耳にする事は格段に少ないと思います。

ですから、中国語の発音は多くの日本人には、英語の発音以上に抵抗があり難しく感じられるのかもしれません。
また中国語発音は、日本語を喋る時には使わない舌の動きが必要なのです。

でも中国語の発音が完璧ではなくても、何となく相手に通じることもありますから、とにかく臆することなくチャレンジする事がとても大切です。

中国語を発音する時に、日本人にとって難しいとされている事は下記の2つです。
①「有気音」と「無気音」の違い
②いくつかの母音、そり舌音、声調(アクセント)の第二声と第三声

鼻音の「n、ng」の区別と発音にも注意しましょう。
特に、そり舌音がなかなかマスターできない人も多いです。中国語を発音するには、そり舌音が上手に発音できないと、まったく別の単語になってしまうので、中国語発音には、そり舌音のマスターは必須なのです。

そり舌音の発音の方法は四通りあって、摩擦音の「sh、r」と破擦音の「zh、ch」です。
そり舌音が自然に発音出来るまで、舌の形を覚えるしか方法はありません。自分がそり舌音を性格に発音できているか録音して客観的に聞いてみましょう。

声調(アクセント)の第二声と第三声も、日本人には発音しにくいといわれています。
第三声は低い発音で、第二声は上がり調子の発音です。日本人にとっては特に第二声が発音しずらいので繰り返し練習が必要です。
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 発音 勉強方法 中国語 会話

最新記事
カテゴリ
リンク集
ユーザータグ

中国語 勉強方法 中国語教室 中国旅行 発音 会話 挨拶 単語 マナー 中国語ピンイン 文法 ビザ パスポート 注意点 教育のやり方 講師 準備 参考書 電子辞書 

RSSリンクの表示
リンク
RANKING
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログへ

  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。